会社沿革ヤギショーの
沿革のご紹介

会社沿革History

明治 28年 初代が藤枝市茶町に於いて、八木商店を創業、製菓原料、穀粉の製造を開始。
昭和 5年 玄米茶の素の製造を始める。合資会社に改組。
昭和 18年 政府指定工場(旧食糧庁)として、輸入小麦の委託加工を営む。
昭和 24年 全国穀類工業協同組合結成に伴い加入。
昭和 26年 加工原料米割当制に依り玄米茶の素、麦茶の製造を再開、全国茶問屋を主力取引先として全国に普及する。
昭和 41年 玄米茶の素、麦茶部門を現在地へ工場新設。
昭和 42年 社名を株式会社八木章と改組し、資本金500万円として現在地へ移転。
昭和 45年 資本金880万円に増資。工場増築、大袋・小袋用全自動製袋充填機開発、大麦原料サイロ2基を新設
昭和 46年 麦茶TB自動充填機7台増設、原料サイロ増設
昭和 52年 政府指定葵サイロ協同組合へ設立参加
昭和 53年 10月、株式会社ヤギショーへ社名変更
昭和 54年 本社工場 倉庫新設
昭和 56年 全自動麦茶焙煎釜開発設置
昭和 59年 資本金2,000万円に増資
昭和 62年 株式会社ヤギショーを株式会社アルトスへ社名変更。 と同時に、資本金1,000万円として株式会社ヤギショーを新規に設立
昭和 63年 静岡県焼津市に第一工場新設
平成 3年 本社事務所新築
平成 7年 静岡県焼津市に第二工場新設(A棟)
平成 9年 第二工場に熱風焙煎ライン増設(B棟)
平成 11年 本社工場、第二工場に排水処理装置を設置
平成 13年 第二工場に熱風焙煎ライン増設(C棟)
平成 14年 第一工場に排水処理装置を設置
平成 16年 本社工場に殺菌工程ライン、微粉砕加工ラインを増設
平成 24年 第二工場にアルファ化米製造ライン増設(D棟)

会社概要 company